パナマ文章とは?リストに日本人及び日本企業やアグネスの名前もあり戦争を懸念する声も見られるがどうなってしまうのか…。

現在「パナマ文書」というのが、2ちゃんねるなどネット上で、

かなり話題になっているようだ。

また、その文書にあるリストには、

日本人の個人名や有名な日本企業が存在するが、

中にはアグネスチャンの名前もあるようだ。

今回はパナマ文章とは?ということに関して見ていきたいと思う。

ちなみに、その文書の問題をめぐっては戦争を

懸念する声も上がっているようだ。


スポンサードリンク


「パナマ文書」って何?

まず、パナマ文書とは何なのか、

ということについて簡単に解説させて頂きたいと思う。

パナマ文章とは、パナマの法律事務所、

「モサック・フォンセカ」により作成された、

金融取引に関する重要機密情報が記載された文書であるが、

その文書の情報には、政治家や富裕層及び、

公的機関に関するものあるとのことだ。

その情報が流出したことにより、

租税回避地と呼ばれる、所得税や法人税がかからない国、

通称「タックスヘイブン」を利用し、

税金逃れをしていることが、

バレる事態となったということで、

大騒ぎになっているのである。

また、そんな重要機密情報が流出してしまったのかというと、

南ドイツの新聞記者に、情報をリークした人物がいたのだ。

当然そんな情報をリークしたことがバレたら、

どのような目に合うかはわからない。

その人物も命がけで、南ドイツの新聞記者と

暗号化されたチャンネルを使用し、

やり取りを行っていたとのこと。


スポンサードリンク


日本人リストがヤバすぎる!!

さて、ここからが本題であるが、

その例の「パナマ文書」には、日本企業及び、

個人での日本人リストも存在するという。

ちなみに、そのリスト一覧には、

芸能人や医者の日本人名があると噂だが、

芸能人の中でも、はっきりとした名前が浮上しているのは、

「Agnes Chan(アグネス・チャン)」だそうだ。

この方は、日本でも有名な香港歌手として知られているが、

アグネス・チャン自身はブログにてそれは自分ではないと否定されていた。

ということは、同じ名前をした別人なのであろうか。

日本での報道について

最後に、パナマ文書には日本人も関わっていたことが、

明らかになっているにも関わらず、

ニュースなどでは、海外の問題としてしか報じられていない。

それは、なぜなのかということに関しては、

まだはっきりとは分からないが、

ネット上などの意見によると、

「パナマ文書」の日本人リストには、前述させて頂いた通り、

資金力もある有名な日本企業の名前も存在し、

その多くが、テレビ番組などの報道機関の

スポンサー企業となっているため、

その企業が不利になるような報道はすることは

できないのではないかという見方が有力のようだ。

また、日本政府もこのことに対する調査は、

行わない方針であるという。

消費税も値上げし、国としても、

様々な財源が必要となっているはずであるので、

調査に乗り出さないというのは疑問である。

さらに今回のリークにより、世界中の金融情報が暴露されることとなり、

税金逃れなども明らかになる中、

ネット上では「戦争」という言葉も浮上しているようだ。

パナマ文章をめぐっては、各国で抗議デモが発生するなど、

緊迫した状況が続いており、

戦争というのも可能性としてはあり得るかもしれない。

今後もこの件に関しては、注目したいところだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP