台風18号・19号の2016年最新進路予想!ヨーロッパではたまごは沖縄に衝突との予測が!?

2016年9月現在、台風17号が日本の南側にて

西北西の方角へ向かい、移動している状況であるが、

そんな中、台風18号と19号の最新進路予想に、

注目が集まっている。また、ヨーロッパの予測によると、

台風18号のたまごは沖縄付近に移動していたが、

今回は、米軍や気象庁の予報にも注目していきたいと思う。


スポンサードリンク


◆ヨーロッパの予想◆

まずは、2016年における台風18号と台風19号のたまごに関する、

ヨーロッパの進路予想について見ていきたいと思うが、

それについては、以下をご覧いただきたいと思う。

10月1日(土)時点
%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e3%80%801%e6%97%a5%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)>

10月2日(日)時点
%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e3%80%802%e6%97%a5%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)>

10月3日(月)時点
%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e6%97%a5%e3%80%803%e6%97%a5%e3%80%80%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)>

10月4日(火)時点
%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e6%97%a5%e3%80%804%e6%97%a5%e3%80%80%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)>

10月5日(水)時点
%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e6%97%a5%e3%80%805%e6%97%a5%e3%80%80%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)>

なお、こちらは9月30日16時の時点(※随時更新)における、

最新の進路予想になっているが、

10月1日~5日にかけて日本列島の南側に台風のたまごが発生し、

西北西の方角へと進み、その後、九州の方角へ急カーブしているのが分かる。

そして、南に発生した台風のたまごのうち、

左の方が台風18号、右の方が台風19号のたまごであると思われる。

ちなみに、台風18号の方は10月2日では、

沖縄にかなり接近しているのが分かる。

ただ、ヨーロッパの予測に関しては10日間先の分を見られる分、

進路や勢力に関しての予想などは変わる可能性があるので、

その点は常に新しい情報をチェックしたいところ。


スポンサードリンク


◆気象庁及び米軍の予想◆

次に、台風18号・19号のたまごに関する、

米軍や気象庁の予報についてだが、

今のところ、台風17号の情報のみで、

18号及び19号についての情報はなさそうだ。

※追記

台風18号に関する新たな情報が発表された。

以下は気象庁の予報となっている。

%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e6%97%a5%e3%80%80%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%81%e3%80%80%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4
<引用元:気象庁ホームページより>

どうやら気象庁の予想を見ると今週末から週明けにかけて、

台風が沖縄に接近する可能性があることが分かる。

なお、米軍の予報に関しても、台風18号の新しい情報が発表されているが、

それについては以下となる。

%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e7%b1%b3%e8%bb%8d%e3%80%8018%e6%97%a5%e3%80%80%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4

米軍の予想でも、気象庁、ヨーロッパと同じく、

週末から週明けにかけて、沖縄に近づく進路となる見込みのようだ。

さらに、急カーブで九州地方に接近する予想となっているので、

かなり注意したいところ。

◆考察・まとめ◆

気象庁などによると、台風17号は非常に強い勢力へと発達し、

沖縄の南の海上を北西に向かって進む見込みとなっているが、

通り過ぎた後も、台風18号と台風19号が

発生する恐れがあるということで、

まだまだ油断できない状況となっている。

ちなみに、今年2016年9月に台風17号の発生の前に、

台風16号が発生したのであるが、

その際は西日本から東日本にかけて横断し、各地に大きな被害をもたらした。

筆者の場合は近畿地方に住んでいるので、

台風16号が発生した時には、暴風及び大雨が吹き荒れ、

大変な状況であったのだが、帰宅する途中で、

通勤に利用している電車が止まり、缶詰状態となってしまった。

その後、電車は発進し、無事に帰宅できた。

台風が接近すると、このような状況はあると思うが、

時には危険な状況になることもあり得るので、

台風に関する最新の情報を常にチェックして頂き、

交通機関の乱れや、水害、土砂災害などには、

できるだけの警戒や対策をして頂きたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP